研修期間終了後は速やかに帰国いただくことが前提です。但し、受入れ期間前後の数日を準備、片付け期間として認める場合もあります。採択後にご相談ください。その場合でも採択された研修区分の最大日数を超えることはできません。